TOP コラーゲンの種類> コラーゲンペプチドについて

低分子コラーゲンのことです。

コラーゲンのサイズを小さくしたもの

コラーゲンペプチドと聞いただけではイメージはしにくいと思います。
要するに本来の大きさのコラーゲンを加工して小さくしたものです。
 
本来はコラーゲンの分子量(大きさのこと)は300,000ぐらいあるのですが、
これを酵素など安全なもの分解して分子量の小さなコラーゲンにします。
このように小さくすることを低分子化(ペプチド化)と呼び、
出来上がったコラーゲンはコラーゲンペプチドまたは低分子コラーゲンと呼ばれています。

なんでコラーゲンペプチドにするの??

コラーゲンペプチドにすることで吸収率が高められるからです。
コラーゲンは体内に入ると分解されて吸収されるのですが、大きいコラーゲンより
小さなコラーゲンの方が分解が早いですよね。
だから吸収も早いため、高い吸収力が期待できるのです。
実際、その吸収力は大きいコラーゲンと比べ物にならないほど、高いようです。

コラーゲンドリンクはコラーゲンペプチドのものを選ぼう!

お話したように、コラーゲンペプチドの方が吸収力が高いため効果が期待できます。
なので、コラーゲンドリンクを選ぶときは「コラーゲンペプチド」または別名の「低分子コラーゲン」
と表記されているものを選ぶようにしましょう。
とはいっても、今はほとんどの商品がコラーゲンペプチドです。ご安心ください。
なので、念のため確認しておく程度の感覚で大丈夫だと思いますよ。

このカテゴリにある記事一覧