TOP コラーゲンの種類> マリンコラーゲンについて

コラーゲンドリンクによく使われる原料です

お魚や貝類に含まれるコラーゲンです。

マリンコラーゲンは海洋性コラーゲン、フィッシュコラーゲンとも呼ばれ、海の動物にあるコラーゲンです。例えば、サメのフカヒレ、サバ、さんま、ドジョウ、アワビなどが豊富に含まれれいます。
一般的にコラーゲンドリンクやコラーゲンサプリはマリンコラーゲンを使っているものが多いです。
それは豚や鳥などの動物性コラーゲンより、以下のようなメリットがあるからでしょう。

動物性コラーゲンよりも吸収されやすい

右の表は動物性コラーゲンと、マリンコラーゲンの吸収率を調べたもので、 マリンコラーゲンの方が吸収率が高いことがわかっています。
 
吸収率が高いのは、魚の体温(8~9℃)が人間の体温よりも低いため、 吸収されやすいと考えられています。
もうひとつ、海洋性コラーゲンの方がアミノ酸に分解されやすいことも 影響しています。

安全面でもマリンコラーゲンが上

動物性コラーゲンよりもマリンコラーゲンの方が安心とよく言われます。
それは、動物性コラーゲンの原料となる豚・牛・鳥などは、鳥インフルエンザ
狂牛病、などの汚染リスクがあるからでしょう。
 
魚由来の場合はそのようなリスクが少ないため安心といわれています。
もちろん、豚由来のコラーゲンでもしっかりと品質管理がされたものであれば、心配いらないでしょう。
ただ、世間一般的にはフィッシュコラーゲンの方が安心という見方なのです。

このカテゴリにある記事一覧